大学院教育方針

(平成28年度入学者用)

人間文化研究科  応用英語専攻

アドミッションポリシー(入学者受入方針)

【学ぶ内容および特色】

人間文化研究科は広い教養を培い、人格を高めつつ、人間を対象とした人間がつくり出した文化の知的研究・実践的研究を行い、社会で活躍できる、より高度な専門知識をもった人材養成の場となっています。応用英語専攻では、英語を生かした国際的な交流活動、英語教育活動などにおいて、専門的な活動を行える知識・技術・応用力を習得させる教育を目指しています。特に、以下のような学生の入学を期待します。

【入学を期待する学生像】
  • ことばとしての「英語」に興味があり、より専門職としての英語力を身につけたい人。
  • 英語力があり、英語圏文学・文化、英語学、コミュニケーション、英語教育、国際理解のどこかの分野で基礎的知識を有し、研究課題を見つけ真摯に研究できる人。
  • 英語教師をしていて、教員としての実力を高め、専修等の免許取得を目指す人。
  • ホスピタリティや英語でのコミュニケーション力を身につけ、国際的な場面で活躍を目指す人。
  • 社会人で長期履修制度を利用して、専門的知識や技術を習得し、じっくり専門性を深めたい人。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施方針)

人間文化研究科は、人間文化に対する深い理解を研究の背景とし、国際化・情報化の時代に求められる広い視野と高度の専門性を要する職業などに必要な、実践的能力を備えた人材の育成という教育目標を実現するためのカリキュラムを編成し、教育を行っています。応用英語専攻は、「英語圏文学・文化」、「英語教育・英語学」、「国際交流」の3領域で「基礎科目」、「専門科目」、修士論文作成を念頭においた「インターンシップ」を含む「演習科目」、と「研究指導」の4つのカテゴリーにカリキュラムを配分しています。

  • 「基礎科目」には「応用英語研究方法論」、「英語情報技術」、「英語プレゼンテーション特論」、「英語ディスカッション」等、どの分野でも基礎となる科目を用意している。
  • 「専門科目」には「英語カルチュラルスタディーズ」、「言語研究デザインと統計」、「文化交流特論」という各専門の基礎となる科目を設けている。
  • 「演習科目」は各学生の研究課題に合わせたチューター制になっている。
  • 「研究指導」は演習科目に引き続き学生の修士論文の指導のために設けている。

ディプロマポリシー(学位授与方針)

人間文化研究科は、人間文化に対する深い理解を研究の背景とし、国際化・情報化の時代に求められる広い視野と高度の専門性を要する職業などに必要な、実践的能力を備えた人材の育成という教育目標を達成し、応用英語専攻では以下の能力を身につけた学生に学位を授与します。

  • 英語に関する確かな知識と、得意とする分野の専門的知識を修得し、専門をめぐるさまざまな課題について英語で論じ、適切な対応を考えることができる人材。
  • 国際理解・教育活動に取り組むため、豊かな英語コミュニケーション力を身につけている人材。
  • 英米文化理解、英語教育に関する自己の学習課題を明確にして、主体的な学習ができる人材。
  • 異文化の様々な局面で国際社会の一員として適切な行動ができる人材。

ページトップ

人間文化研究科  人間文化専攻

アドミッションポリシー(入学者受入方針)

【学ぶ内容および特色】

人間文化研究科人間文化専攻では、世界の各地域において展開される人間の文化的な営みを、総合的で相対的な視点をもって研究していきます。文化の所産を理論的・実践的に探究し、また、それらの文化資源を後世へ継承していくことの意義や方法を研究しようと考える学生の入学を期待します。

【入学を期待する学生像】
  • 文化をめぐるさまざまな価値観や、文化の持つ多様性と相対性など、世界に実在する「多文化」を深く学び、研究したい人。
  • 人間の文化的な営為、たとえば文学や音楽、美術などの表象文化を鑑賞して読み解き、的確に批評する能力を身につけ、その批評力を基礎において研究を展開したい人。
  • 人間の生み出した文化の所産を他者に伝達する能力を身につけ、それを社会に広く発信する諸活動に関心を持ち、社会の発展に役立てようと考える人。
  • 各種の文化資源を記録して社会に公開し、後世に継承する役割を担いたい人、またそれらの文化機関に関心をもちその伝達の方法について研究したい人。
  • こうしたさまざまな研究を修めて、将来、国際機関や文化教育機関、出版関連企業や美術館・図書館、日本語教員や専修免許をもった国語科教員の仕事に就きたい人。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施方針)

人間文化研究科人間文化専攻では、次のようなカリキュラムにより教育を提供します。

  • 一年次に「文化学研究方法論」、「文化学研究実践論」の文化研究の基礎を学ぶ科目を履修する。それらを前提として、さらに表現・実践の二領域に置かれた専門科目群を修得し、研究を深めていく。
  • 一年次後期から二年次にかけて、資料解読の方法やテキスト分析などを学び、自らの専門性を高めるための演習科目を履修する。
  • 研究指導計画にもとづき、特別研究により修士論文を実際に作成していくための論文指導をおこなう。さらに国際機関や図書館、博物館、日本語教育機関での現場実践の「インターンシップ」などの科目も配置して、体系的な指導をおこなう。
  • 中学校・高等学校の国語科専修免許が取得できるカリキュラムも用意されている。

ディプロマポリシー(学位授与方針)

人間文化研究科人間文化専攻では、次のような能力や知識を備えた学生に学位を授与し、社会の発展に貢献することを期待します。

  • 幅広い教養人として、世界のさまざまな文化事象を的確に批評でき、国際的な視野にたって、文化事象を総合的にまた相対的に見ることのできる人材。
  • 文化学の研究方法にのっとった学びの作法を身につけ、先人たちの研究を適切に承継しつつ、独創的で新たな知見を創出する能力を持った人材。
  • 文化事象について系統立てて構成する能力を身につけ、文化資源を後世に継承することの意義を理解しそれを実践できる人材。
  • こうした多様な研究を修めて、国際機関や文化教育機関で活動し、また専修免許を取得して教育現場で活躍できる人材。

人間文化専攻では、二年間の集大成として修士論文を作成し口頭試問を実施して、修得した能力や知識について、厳格な単位認定および修士論文の評価をおこなっています。

ページトップ

人間文化研究科  生活福祉文化専攻

アドミッションポリシー(入学者受入方針)

【学ぶ内容および特色】

人間文化研究科生活福祉文化専攻では、「Quality of Life(QOL)向上研究とWell-Beingの探求」、すなわち、現代社会に生きるわれわれの生活・生命・人生の質を高める研究を通して、生活福祉文化学の本質を探究します。すなわち、生活学と福祉学を融合した、新しい生活福祉文化学の構築と、あらゆる人の生活創造および、それを支援する福祉への実践力を養うことを教育目標としています。

【入学を期待する学生像】
  • 文化的な視点を背景に、生活学の基礎を習得し、福祉の視点からも生活学をより深く学び研究したい人。
  • 毎日の生活における福祉の実践的な知識や技能、技術などを習得し、さらに学問的な探求を望む人。
  • 現代社会の要請に応じた対人援助能力、実践的問題解決能力を身につけた生活者を支援する人材。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施方針)

人間文化研究科生活福祉文化専攻は、「生活学と福祉学を融合した、新しい生活福祉文化学の構築とそれによる研究の推進とともに、あらゆる人の生活創造とそれを支援する福祉への実践力の育成」という教育目標を実現するために、次のようなカリキュラムを編成し、教育を行っています。

  • 学士課程で修得した生活と福祉の知識、技能、技術、もしくは現代社会の要請に応じて体得してきた対人関係能力、実践的問題解決能力を基礎に、生活科学や健康科学、社会福祉学の諸分野において、さらに高度な専門性を追求する「専門科目」を配置しています。
  • さらに、こうした「専門科目」の履修と並行して「研究方法論」や、生活福祉文化学に関わる特定のプロジェクト課題を設定し、関連領域との連携、研究成果の評価等、個々の専門領域の枠を超えた問題設定、解決方法のあり方を学生自らが学び、身につけることを目的とした「プロジェクト課題研究」を設置し、実践的・現実的な学びの場を提供しています。
  • 中学校・高等学校の家庭科・福祉科専修免許が取得できるカリキュラムも用意されています。
  • これらを通した勉学の集大成が修士論文であり、大学院で修得した知識や研究方法などを十分活用して研究成果を結実させられるように個別指導を行っています。

ディプロマポリシー(学位授与方針)

人間文化研究科生活福祉文化専攻では、専攻の教育目標を達成し、次に掲げる観点から行う審査に合格した人に対して、修士(生活福祉文化)の学位を与えます。

  • 生活福祉文化専攻所定の単位を修得していること。
  • 幅広い学びを通して、生活と福祉の知識・技能・技術を修得していること。
  • 修得した生活と福祉の知見を生かして、総合的かつ複合的に駆使できる高度な専門性と課題解決能力を有していること。
  • 学位論文として、以下の項目のすべてを満たしていること。
    • (1) 研究テーマの独創性、問題意識の明確さ、方法論的な一貫性、先行研究との関連を含む論考などについて、十分な論述がなされていること。
    • (2) 研究論文に相応しい文章表現がなされていること

生活福祉文化専攻では、二年間の集大成として修士論文を作成し口頭試問を実施して、修得した能力や知識について、厳格な単位認定と修士論文の評価を行う。

ページトップ

心理学研究科  発達・学校心理学専攻

アドミッションポリシー(入学者受入方針)

【学ぶ内容および特色】

心理学研究科発達・学校心理学専攻は、発達心理学や学校心理学に関する科学的研究に基づき、人間の発達のメカニズムを実証的に解明すること、また、学校教育における教師・児童・生徒の心理や教育の方法・技術について理論的・実証的に分析することを目的としています。さらに、子育て支援や学校教育の現場で、臨床発達心理士や学校心理士、また専修免許状を持つ教師として、心理学の知識を活かせる専門家の養成を目指します。具体的には、以下のような学生の入学を期待します。

【入学を期待する学生像】
  • 人間の発達のメカニズムや学校教育の諸問題に深い関心をもっている人。
  • 心理学に関する科学的研究法に基づき、発達心理学と学校心理学に関する理論や知見を実証的に解明したい人。また、修士論文の研究を通して、客観的に分析する力と論理的思考力を身につけたいと考えている人。
  • 発達心理学と学校心理学に関する高度な専門知識と理論・技術を学び、豊富な実習経験を通して実践能力を身につけ、子育て支援や障害児の療育および学校教育の現場で心理教育的支援を行いたいと考えている人。
  • 現職教員や将来教員になることを目指す人で、発達心理学と学校心理学に関する知識を身につけるとともに、専修免許状を取得することを目的とし、将来、高度な専門知識や技術を学校教育の現場に活かすことを考えている人。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施方針)

心理学研究科発達・学校心理学専攻は、科学的方法に基づく高度な心理学研究を可能にし、同時に、子育てや学校教育における子どもの発達・教育上の問題に対処できる人材の育成という教育目標を実現するために、次のようなカリキュラムを編成し、教育を行っています。

  • 「基礎科目」「専門科目」「関連科目」「演習科目」を設置し、これらを通して、本学の学習に必要な科学的視点の養成と発達・学校心理学的素養および技術の修得を可能にする。
  • 「基礎科目」では、行動科学、認知科学、統計学、研究法などに関わる科目で実証科学としての心理学の研究方法を身につけ、修士論文作成のための基礎となる心理学の研究方法を学ぶ。
  • 「専門科目」では、発達心理学と学校心理学の基礎理論をさまざまな角度から学ぶとともに、学内および学外での実習を通して、発達心理学・学校心理学の専門家をめざすために必要な知識と技術を身につける。
  • 「関連科目」では、発達・学校心理学を研究する上で重要となる医学や臨床心理学などの関連領域を学ぶことにより、研究能力および実践能力の向上を図る。
  • 「演習科目」では、専攻内での発表と個別指導、専攻を超えた研究発表と指導体制をとるこ とにより、修士論文作成に向けた重点的な指導を行う。

ディプロマポリシー(学位授与方針)

心理学研究科発達・学校心理学専攻は、科学的方法に基づく高度な心理学研究ができ、同時に子育てや学校教育における子どもの発達・教育上の問題に対処できる人材の育成という教育目標を達成し、以下の能力を身につけた学生に学位を授与します。

  • 発達心理学と学校心理学に関して広い視野をもった専門知識を有している。
  • 実証科学としての心理学の研究方法を身につけ、さまざまな仮説を検証し、新たな知見を導き出す能力を備えている。
  • 発達・学校心理学的視点をもって、客観的かつ論理的に考察を展開し、独創的で有用な研究を遂行できる。
  • 専門的理論・知見と自ら立てた問題意識や仮説を絶えず批判的に検討・消化しつつ、自分の考えをその場にふさわしい方法で表出し、また相手の考えや立場を尊重しながら討議あるいは応答できる能力を有している。
  • 子どもの発達と教育に関わる諸問題に適切に対応し、必要な支援を行うことができる。

ページトップ

心理学研究科  臨床心理学専攻

アドミッションポリシー(入学者受入方針)

【学ぶ内容および特色】

心理学研究科臨床心理学専攻は、現代社会における心理的諸問題について、理論的かつ実践的に理解し、カウンセリング、心理療法に関する基礎的な知識や理論を基に、対人関係の技術を身につけることを目的としています。臨床心理士として、心の問題を生じた人やその関係者を心理的に支援するとともに、対象者や周囲の状況を客観的な視点から説明・対応できる人材を養成することを目標としています。具体的には、以下のような学生の入学を期待します。

【入学を期待する学生像】
  • 悩みや苦しみを抱えた人々への関心と配慮を有し、相手の立場に立って支援の手をさしのべたいと考えている人。すなわち、人へのあたたかいまなざしと高い倫理観をもち、どのような状況にある人にも慈しみ深く、一人の人間としてその尊厳を守り、尊敬し、寛容の心を失わず接することが出来るよう自らの成長を望み、同時に、自分の弱さや痛みにも目を背けず向き合うことができる力を持っている人。
  • 臨床心理学に関する高度な専門知識と理論・技術を学び、豊富な実習経験を通して確かな対人援助の能力を身につけ、人々の幸福と社会の安寧に貢献したいと考えている人。
  • 心理療法に関する特定の理論や技法に偏らず、幅広い知識と技術を身につけ、将来の専門性を選択していく上での臨床心理学的基盤を築き、バランスのとれた心理臨床家を目指したいと考えている人。
  • 科学的研究法に基づき臨床心理学的な理論や技術を実証的に解明したい人。また、修士論文の研究を通して、客観的な分析力と論理的思考を身につけ、臨床心理実践にも援用したいと考えている人。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施方針)

心理学研究科臨床心理学専攻は、科学的方法に基づく高度な心理学研究と同時に、心理臨床的な問題を抱える人々への対人援助を実践できる人材の養成という教育目標を実現するために次のようなカリキュラムを編成し、実践的教育を行っています。

  • 「日本臨床心理士資格認定協会」による第一種指定の大学院として、バランスのとれた優秀な臨床心理士を養成するために、認定協会により指定されたカリキュラムを網羅し、さらに本専攻独自の科目を豊富に揃えている。
  • すなわち、「基礎科目」「専門科目」「関連科目」「演習科目」を設置し、これらを通して、本学の学習に必要な科学的視点の養成と臨床心理学的素養および技術の修得を可能にする。
  • 「基礎科目」では、行動科学、認知科学、統計学、研究法などに関わる科目で科学的心理学の研究方法を身につけ、修士論文作成のための基礎となる心理学の研究方法を学ぶ。
  • 「専門科目」では、臨床心理学に必要な理論と技術を体系的かつ実践的に習得し、専任教員によるスーパービジョン、学内および学外施設での豊富な実践体験を通して、カウンセリングや心理療法の原理や技法を身につける。
  • 「関連科目」では、臨床心理学に関連の深い近接学問領域を学ぶことにより、人間という存在をより広い視野から捉え、多面的な理解を深めて、研究能力および実践能力の向上を図る。
  • 「演習科目」では、専攻内での発表と個別指導、専攻を超えた研究発表と指導体制を取ることにより、修士論文作成に向けた重点的な指導を行う。

ディプロマポリシー(学位授与方針)

心理学研究科臨床心理学専攻は、科学的方法に基づく高度な心理学的研究が出来、同時に心理臨床的な問題を抱える人々への対人援助を行うことが出来る人材の育成という教育目標を達成し、以下の能力を身につけた学生に学位を授与します。

  • 心の発達・教育および心理臨床に関する広い視野をもった専門知識を有している。
  • 臨床心理的な現象を実証的・論理的・体系的に理解し実践する能力を備えている。
  • カウンセリングや心理療法に関する基礎的知識と理論を理解している。
  • 心理臨床のさまざまな場面において、臨床心理学的な専門性と倫理観に基づき、実践することができる。
  • 心理臨床実践においては、相談者等を信頼し適切な援助的関係をつくることができ、また相談者等の利益を優先し、他の専門職や他機関等とも連携を取ることができる。
  • 専門的理論・知見と自ら立てた問題意識や仮説を絶えず批判的に検討・消化しつつ、自分の考えをその場にふさわしい方法で表出し、また相手の考えや気持ち、立場を尊重しながら討議あるいは応答できる能力。
  • 論理的な思考と豊かな感性を駆使し、客観的な視点を持ちながら一人一人の対人援助を実践するとともに、新たな援助理論や技術を創造することができる。

ページトップ

心理学研究科  心理学専攻

アドミッションポリシー(入学者受入方針)

【学ぶ内容および特色】

心理学研究科心理学専攻は、高度な科学的心理学に基づく研究能力を備え、社会が心理学に求めるさまざまなニーズに応えられる応用力を持った専門家の養成を目標としています。具体的には、以下のような学生の入学を期待します。

【入学を期待する学生像】
  • 心理学研究の基礎的知識と技能を有し、現代社会の抱える諸問題に対して心理学的視点から問題意識と課題を設定できる人。
  • 社会の要請に応えようとする使命感とともに豊かな人間性と柔軟な心をもち、誠実かつ謙虚に研究に向き合える人。
  • 独創的研究に取り組む意欲とひたむきな探究心そして倫理観を兼ね備え、研究の過程で直面する困難に耐え得る情熱を有する人。
  • 外国語論文を理解し、国際的視野を持って研究を展開しようとする人。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施方針)

心理学研究科心理学専攻は、高度な学問的水準に達する自立した心理学研究者の養成という教育目標を実現するために次のようなカリキュラムを編成し、教育を行っています。

  • 「特殊研究科目」「演習科目」を設置し、特殊研究科目では、より高度な専門知識を得るための講義により研究の深化を行い、演習科目では博士論文の作成を目指した指導を行い、これらを通して、本学の学習に必要な自立した研究者としての高度な研究能力と識見の修得を可能にする。
  • 「特殊研究科目」では、発達心理学・学校心理学・臨床心理学に関するテーマを発展させ、人間のこころのメカニズムとその応用的な対人援助技術について、より高度に科学的に考究していく。
  • 「演習科目」では、1年次のはじめに主・副指導教員を決め、3年間の博士論文作成に至る過程を一貫した指導体制で行う。1年次には、研究テーマに沿った文献発表を繰り返し、討論を重ねることにより、研究計画の立案へと導く。2年次には、研究計画に沿ってデータの収集と整理をおこない、さらに演習での発表・討論により研究の深化と発展を図り、学術雑誌への2編以上の論文投稿を行い、第一次審査に備える。第一次審査に合格すれば、3年次には、博士論文作成に取りかかり、必要に応じて追加のデータ収集を行い、年度末の本審査および最終試験に備える。

ディプロマポリシー(学位授与方針)

心理学研究科心理学専攻は、心理学に関する高度な知識を有し、社会に貢献できる自立的な研究者の育成という教育目標を達成し、以下の能力を身につけた学生に学位を授与します。

  • 心理学およびその周辺領域に関する高度な知識と学問体系を深く理解し、科学的心理学に基づく研究能力を備えている。
  • 現代社会が直面するこころの問題を理解し、自らの研究について、広い視野に立った適切な課題を設定し、それを可能にする研究計画を策定する能力を身につけている。
  • 研究成果を国際会議等で論議し、学術論文としてまとめ、公表する能力を身につけている。
  • 専門分野における知識や成果を教授し、また心理学的専門性を生かして社会のリーダーとして活躍できる資質と能力が培われている。

ページトップ