編入学アドミッションポリシー

編入学アドミッションポリシー

(平成28年度入学者用)

人間文化学部  英語英文学科

アドミッションポリシー

【学ぶ内容および特色】

英語英文学科は、英語を機軸にして、英語圏文化についての知識、英語教育の知識と資格、その他ホスピタリティを含む実践的能力と人間性を備え、異文化の環境でも力を発揮できる柔軟で心豊かな国際人を輩出することを目的に教育を行っています。したがって以下のような学生の入学を期待します。

【入学を期待する学生像】
  • ことばとしての「英語」に興味を持ち、同時に英語圏の文化、歴史、社会、コミュニケーションに幅広く関心を寄せる人。
  • 英語圏の文化や文学(作品)に関心があり、これらを専門的に学ぶことによって深い教養と豊かな心を育みたい人。
  • 留学制度等を活用し徹底的に実践的な英語力を鍛え、グローバルに活躍するための能力を身につけたい人。
  • 英語の教諭免許(中学校・高等学校第一種)を取得し、将来教員を目指す人。
  • 幼児・児童の言語獲得や英語指導法を学び、早期英語教育に携わることを目指す人。
  • ホスピタリティやプレゼンテーション技能、医療英語を学び、航空業界、外資系の企業、病院などの実社会に通用する社会人基礎力を鍛えたい人。
【入学者が履修しておくことが望ましい科目や資格】

英語Ⅰ、英語Ⅱ、リーディング、ライティングを履修し、読む、書く、話す、聞く、の英語における4分野の学習をしていること。また、現代文、世界史の履修が望ましいです。また、TOEIC®、TOEFL®、実用英語技能検定等の学習をしていると大いに役立ちます。

ページトップ

人間文化学部  人間文化学科

アドミッションポリシー

【学ぶ内容および特色】

人間文化学科では、「日本語と日本文化」「多文化理解」「芸術と思想」「読書と情報の文化」の4領域にわたり、国際的な広い視野をもちつつ、文化について深く考察する教育プログラムを展開しています。また、社会の即戦力となる実践的スキルを習得した人材育成のため、積極的かつ系統的に必要な能力・資格を身につけていく「キャリアデザインプログラム」を併せて実施し、学生個々のキャリア形成を強力に支援します。

【入学を期待する学生像】
  • 言語や文学に関心があり、その構造や歴史について学びたい人。
  • 国語力に磨きをかけたい、あるいは新たに外国語を学びたいと思っている人。
  • 朗読、スピーチ、話し言葉など、音声言語について学びたいと思っている人。プレゼンテーションの能力を高め、資格を取得したいと思っている人。
  • 神社仏閣など、日本の伝統文化に関心があり、古都京都を「学びのフィールド」として、日本文化の奥深さを体感したい人。
  • 世界の多くの異なる文化について理解し、多様な文化交流の歴史や今日のグローバル社会における異文化交流や国際政治の現状について学びたい人。
  • さまざまな芸術について理解し、その歴史や思想的・宗教的背景について学びたい人。
  • 書物や読書の歴史を学びたい人。また、子どもの成長過程における読書の意義について考え、子どもへの読書支援活動を行いたい人。
  • インターネット社会が展開する新しい文化活動の実態を分析してみたい、あるいはネットワーク社会における倫理の問題について考えたい人。情報処理士やウェブデザイン実務士など、コンピューターに関するさまざまな資格を取得したいと思っている人。
  • 中学・高校の国語科教諭免許や、外国人に教える日本語教員資格を取得したいと思っている人。
  • 博物館学芸員の資格を得て博物館や美術館関連の職業をめざしたい人。
  • 図書館司書資格を得て図書館関連の職業につきたい人。
  • これまでの学習を通して、文献を読んだり、レポートを作成したりすることにある程度習熟し、ゼミでの卒業研究や論文制作に支障がないと思われる人。
【入学者が履修しておくことが望ましい科目の一例】

学科に関連する日本や世界の文化・芸術、読書や情報の文化、などの領域のうち、入学者の関心領域について、基礎的な知識や能力を確実なものにし、理解を深めておくこと。

【入学者が取得しておくことが望ましい資格の一例】

漢字検定2級、日本語検定3級、その他各自が関心をもっている領域の検定(例.京都・観光文化検定試験など)

ページトップ

生活福祉文化学部  生活福祉文化学科

アドミッションポリシー

【学ぶ内容および特色】

生活福祉文化学部では、文化的な視点を背景に、生活と福祉の知識、技能、技術などを習得し、さらに現代社会の要請に応じた対人援助能力、実践的問題解決能力を身につけた「生活者を支援する人材」を養成することを目標としています。以下のような学生の入学を期待します。

【入学を期待する学生像】
  • 幅広い視野で生活と福祉をみつめ、よりよい「暮らし」をデザインしていこうとする情熱をもち、自ら積極的に学ぶ意欲と能力を持つ人。
  • 衣・食・住・健康など身近な事象を有機的なつながりをもって学ぶことによって、社会の本質を見極める確かな目を養い、現代生活をより快適に過ごす「生活のスペシャリスト」を目指そうとする人。
  • 地域社会への理解を深め、人々の暮らしについて様々な問題意識を持ち、社会貢献や女性の視点を活かしたビジネスチャンスの創造に対する意欲と関心を持つ人。
  • 現代生活における様々な課題に対応できる基礎知識と技能を備え、地域や社会に還元する教育実践活動に関心を持つ人。
  • 保育・児童福祉、高齢者福祉、障がい児・障がい者福祉など各分野において、人間に対する深い理解や対人援助の理論や技術を幅広く身につけた福祉専門職を目指す意欲と関心を持つ人。
【三年次編入学対象者に求める学習経験】
  • 「暮らし」や「福祉」という人間の生活に関わる学びをより豊かなものとするためには、文章読解力や作文能力、対人コミュニケーション力といった基礎的な学力と共に、三年次から編入するにあたっては、短期大学などで培った専門的な知識や課題解決力がその基盤となります。
    ここでいう専門的な知識とは、生活科学、社会福祉学、保育学といったものがその中核となります。しかし、生活福祉文化学部での学びの基盤となるものは、これらの領域に限定されるものではなく、多様な領域での専門的な知識もその基盤となり得るものです。
  • ボランティアなどを含む課外活動は、人間や生活に関する問題・課題への興味・関心を高め、個性豊かな人間性の基礎となるものです。こうした実践的な活動経験は本学部での学びに大いに役立ちます。
【二年次編入学対象者に求める学習経験】
  • 「暮らし」や「福祉」という人間の生活に関わる学びをより豊かなものとするためには、二年次から編入するにあたっては、文章読解力や作文能力、対人コミュニケーション力といった基礎的な学力と、生活科学、社会福祉学、保育学といった専門的な知識を学ぶ意欲や興味関心がその基盤となります。
  • ボランティアなどを含む課外活動は、人間や生活に関する問題・課題への興味・関心を高め、個性豊かな人間性の基礎となるものです。こうした実践的な活動経験は本学部での学びに大いに役立ちます。

ページトップ

心理学部  心理学科 (現代心理専攻・学校心理専攻・臨床心理専攻)

アドミッションポリシー

【学ぶ内容および特色】

心理学部においては、実験、観察、調査などの実践的内容を含む授業をとおし、「人間行動を客観的に深く分析できる人材の養成」と「家庭・学校・社会で人のこころを理解し、接遇と援助ができる人材の養成」を目指しています。具体的には、次のような学生の入学を期待します。

【入学を期待する学生像】
  • 人のこころを理解し、人との関わりや対話力の重要性を考え、心理学に幅広く関心を持っている人。
  • 心理学の知識や技能を習得し、現代社会の要請に応じた実践的問題解決能力を身につけたい人。
  • 心理学への学習意欲や問題探求心に優れ、様々な問題や事象について論理的に考え、解決策を追求することに熱意がある人。
  • 人間の思考や行動、人間関係や社会構造に興味を持ち、心理学の見地から深く探究したい人。
  • 現代社会に生きる人々が抱える心理的諸問題を解決し、社会に寄与したいと考える人。
  • 認定心理士、社会調査士、産業カウンセラーなど心理学関係の資格や教員免許(幼稚園及び小学校第一種)を取得し、将来その資格を活かした職業に就きたい人。
【三年次編入学対象者に求める学習経験】
  • 人のこころをより深く理解し、それを活用して問題解決や対人援助に結びつけていくためには、論理的思考力や文章読解・作文能力、対人コミュニケーション力といった基礎的な学力と共に、短期大学などで培った専門的な知識や経験がその基盤となります。ここでいう専門的な知識とは、心理学(行動科学)・教育学・社会学といった人文・社会科学系の学問的知識を中心としますが、三年次から編入するにあたっては、これらの領域のみならず、近接領域でのこころの理解に関する専門的知識もその基盤となり得るものです。
    これらの基盤に基づき、課題を自分なりに工夫して解決したり、問題意識を持って主体的・積極的に学習していく姿勢が望まれます。
  • 編入学前の学生生活や社会人生活において、家庭・地域・産業社会において自発的な実践活動を様々に経験しておくことを要望します。
【二年次編入学対象者に求める学習経験】
  • 人のこころをより深く理解し、それを活用して問題解決や対人援助に結びつけていくためには、論理的思考力や文章読解・作文能力、対人コミュニケーション力といった基礎的な学力と共に、専門的な知識や経験が必要です。二年次から編入するにあたっては、現代社会における心理や教育のさまざまな問題について、積極的な関心と探求心を持っていることが基盤となります。
    また、課題を自分なりに工夫して解決したり、問題意識を持って主体的・積極的に学習していく姿勢が望まれます。
  • 編入学前の学生生活や社会人生活において、家庭・地域・産業社会において自発的な実践活動を様々に経験しておくことを要望します。

ページトップ