学章・学歌

学章・学歌

学章

京都ノートルダム女子大学の学章の中央には聖書が置かれ、それにはラテン語で「徳と知」の意味をもつ"Virtus et Scientia"と書かれています。本学はこれをモットーとして、「徳と知」をそなえた全人的な人間形成を目指す教育を行います。これを導くイエス・キリストとその御母マリアの頭文字J・Mを学章中央部に記しています。
その教育が本学に於いて達成されるようにと「京都ノートルダム女子大学」の文字で学章を縁取っています。

中央の聖書を支えているのは、棕櫚(しゅろ)と月桂樹の花輪です。月桂樹は学業の成就を意味し、棕櫚はその目標に達した喜びを表しています。

学歌


1 学徳、教養の府よ、
  あたたかく比叡ふところに抱かれて
  汝の建学の由来(いわれ)は、いみじくも
  その御名を慕いかたどるもの。

    聖母マリア(ノートルダム)よ、
    われらきみをほめ迎え、
    あらためてまことをちかいまつる。
    言動も、思いも、
    きみが栄光を汚すまじ。

2 日毎ここ学舎(まなびや)に、人の世のならいを思い、
  幾百年(いくももとせ)の収穫(みのり)の智にすがり、
  女(おみな)たるわれを高めん、
  学びおさむべし、いやました。

    聖母マリア(ノートルダム)よ、
    われらきみをほめ迎え、
    あらためてまことをちかいまつる。
    言動も、思いも、
    きみが栄光を汚すまじ。

(意訳:渡辺純 名誉教授)