1. 京都ノートルダム女子大学トップ
  2. 学部学科・大学院
  3. 現代人間学部 心理学科 カリキュラム・授業

現代人間学部 心理学科

心理学科 4年間のカリキュラム

※2018年度より公認心理師カリキュラムが開始するのに伴い、科目名等が一部変更になります

カリキュラム

授業ピックアップ

心理カウンセリング実践(面接技法)

「面接技法」と「アートセラピー」の2つの技法を体得します。傾聴や共感などコミュニケーションの技法を学んだり、アートを用いた心理療法を学びます。

心理的アセスメント

心理テスト・面接・観察を通して、パーソナリティや行動のあり方について心理学的に見立てる方法を身につけます。

司法・犯罪心理学

冤罪の成り立ちや犯罪者処遇について知識を広げるほか、被害者支援のあり方、加害者の更生手法も学びます。

心理学情報処理

1、2年次に学んだ心理学統計法や質問紙調査の知識・スキルをもとに、調査設計や統計パッケージソフトを使用した分析を行い、結論を導き出します。

現代青年の心理学

青年期に特有の体とこころの問題、自己意識、対人関係、進路決定などの観点から、現代青年の心理について理解を深めます。

生活環境の心理学

「日常の生活環境が私たちの行動にどんな影響を与えるのか」をテーマに、人間と環境の関わりを解き明かします。

各科目を担当する教員をご覧いただけます。

卒論テーマ一例

  • 情報操作が女子大学生の食味評価に及ぼす影響と性格特性の関連性
  • ファン心理と消費行動との関連について
  • シャイネスが対人感受性と対人ストレスコーピングに及ぼす影響
  • オタクという視点から見た不登校期間に関する研究
  • 女子大学生における攻撃性とサイコパシー特性との関連
  • 青年期の友人関係の心理的距離について―日中比較を中心に―
  • 幼児期の子を持つ母親の心理特性と育児満足度との関連について
  • 情動的共感性が婚約継続の選択に与える影響
  • 音楽選択とパーソナリティの関連について―明るい気分と悲しい気分における差異―

※新学科のため、心理学部の卒業研究より引用しています。