心理学研究科 発達・学校心理学専攻

心理学研究科 発達・学校心理学専攻〈博士前期課程〉

人間の発達・教育を研究し、子育て支援や障がい児療育および学校教育の現場で活躍できる人材を養成

本専攻では、人間発達の基礎的メカニズムを実証的に解明し、さらに学校教育における児童の心理や教育の方法・技術に関する理論的、実践的研究をおこないます。また、母親の育児不安、乳幼児の精神発達遅滞、発達障がいなどによる学習の遅れなど、子どもの育児・発達・教育に関わる諸問題に対応するための実践的研究も進めます。子どもの発達支援や心理教育的支援の専門家をめざす人は、臨床発達心理士および学校心理士の受験資格となる授業を受講できます。現職教員や教員志望者は、専修免許を取得し、専門知識を現場に活かすことができます。なお、社会人などに向けた「長期履修学生制度」も設けています。

めざす人材

発達心理学・学校心理学を修得し子育て支援や障がい児の療育および学校教育の現場でも活躍できる人材

取得できる資格

  • 臨床発達心理士受験資格 
  • 学校心理士受験資格 
  • 教諭免許(小学校専修/幼稚園専修)

ページトップ

カリキュラム

発達心理学や学校心理学をテーマとして、科学的研究計画に基づく基礎的な実験・観察・調査などによる研究をおこなうよう教育・指導を進めています。また、子どもの発達に遅れがある場合や子育て中の親に不安がある場合などにおいて、子どもあるいは親・保育者・教育者に対する支援をおこなうことができる人材の養成もめざします。そのために、子育て支援グループや障がいのある子どもの療育へ参加する実習を中心とした実践的教育もおこなっています。

基礎科目

研究の共通基盤となる科学的心理学研究を修得するために、「行動科学特論」と「認知機構特論」を基軸に、実証科学としての基礎理論を学びます。さらに統計法や研究法に関わる科目では、実践から生まれるさまざまな仮説を研究として発展させ、検証することで、新たな知見を導き出す高度な心理学的研究法について学びます。

  • 行動科学特論
  • 認知機構特論
  • 心理統計学特論(多変量解析)
  • 心理統計学特論(少数例統計)
  • 心理学研究法特論

専門科目

本専攻の根幹となる発達心理学と学校心理学の基礎理論を学ぶ「発達心理学特論」と「学校心理学特論Ⅰ(学習心理)」を必修とするほか、専門家をめざすために必要な理論や知見などを学びます。

  • 発達心理学特論
  • 学校心理学特論I (学習心理)
  • 学校臨床心理学実習
  • 国語教育特論
  • 学校心理学特論Ⅱ(教育理論)
  • 乳幼児心理学特論
  • 青年心理学特論
  • 学校経営学特論
  • 人間関係発達特論
  • 臨床発達心理学実習Ⅰ・Ⅱ
  • 現代教育特論
    など

関連科目

発達・学校心理学を研究していく上で、重要となる関連領域の知見を提供します。たとえば、「大脳生理学特論」「小児神経学特論」「児童精神医学特論」などでは、小児科および精神科の医学的立場から、子どもの発達や障がい、問題行動発生のメカニズムや対処法を学びます。

  • 老年心理学特論
  • 大脳生理学特論
  • 小児神経学特論
  • 児童精神医学特論
  • 保育心理学特論
  • 社会心理学特論
  • 発達臨床特論
  • 学校カウンセリング特論
    など

演習科目

「発達・学校心理学専門演習では、教員と院生が一堂に会し、各院生の研究計画や研究結果の報告を検討します。
「特別研究」は、実際に修士論文を作成するための個別指導であり、研究計画から実施、論文作成まで丁寧な指導を受けることになります。臨床心理学専攻・心理学専攻の院生と合同で専門演習をおこなうこともあります。

  • 発達・学校心理学専門演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • 教育実践特別演習

ページトップ

主な科目紹介

行動科学特論
人間の活動を総合的に解明し、予測・統御しようとする実証的経験科学である行動科学が、現実的な人間行動に関する問題解決にどのように関わっているかを検討します。
発達心理学特論
発達心理学の基本理論に基づき、昨今の重要な研究から得た知見についての理解を深めます。また、発達の個人差や障がいという観点から、発達臨床や学校教育の現場での応用実践についても考察します
青年心理学特論
青年期は、子どもから大人への移行期であり、心身の両面において重要な変容を遂げます。青年期における身体とこころの発達の諸相、発達課題、自己の形成と確立、対人関係、適応・不適応、進路選択・進路意識などについて論じます。
学校心理学特論 Ⅰ (学習心理)
主に学校教育における学習の過程に焦点を当て、学習に関する心理学分野での最近の文献をもとに、学習を支援する学校教育の役割について考察を深めます。
教育・心理検査特論
心理検査や教育評価の基礎的な知識について実習を通して修得するとともに、学校教育場面で使用される心理検査の理解と基本的技術の習得をめざします。
臨床発達心理学実習 Ⅰ・Ⅱ
実習Ⅰは、学内で実施している子育て教室で、発達の見方や親への育児支援の方法を学びます。実習Ⅱは、学外の専門機関で、発達の問題や障がいのある子どもとその親への支援方法を学びます。さらに個別事例について、スーパービジョンを受けることで実践力を養います。
教育方法学特論
さまざまな教育の方法について科学的に分析し、理解を深めます。特に、言語活動、すなわち思考力、表現力、対話力の育成を考えた教育の方法について、心理学、教育学的見地から研究します。
修士論文題目
  • 就学前児における「心の理論」の発達と交互交代の理由付けとの関連
  • 児童期における自己理解・他者理解を促す生活作文の交流
  • 児童の基本的自尊感情に関する要因
    ―親・友達・先生からの受容に着目して―
  • 幼児の吹き出しにおける心的表象の理解の発達
     
  • 幼児期の子どもを持つ母親の養育態度に関連する要因の検討

ページトップ