生活福祉文化学部 生活福祉文化学科 ※2017年度 募集停止

「生活」「福祉」「保育」の全分野を体験しながら学ぶ。

質の高い暮らしを提案できるスペシャリストを育成。

子どもから高齢者まですべての人々がゆたかに暮らせるように、「生活」「福祉」「保育」の分野から、「生活の質」の向上を探究します。資格取得や将来のキャリアに直結する実践的な授業が多い点が特長です。

ポリシー

8つのポイント

01/ 2年次よりフィールド・ユニットから科目を選択
ライフデザイン領域、ソーシャルワーク領域、保育士養成課程のさまざまな科目群の中から、体験的な学びを自分でデザインできます。
02/ 新しい実習室で実践的な学びが可能。
2015年完成の新しい実習室を使用し、「生活」「福祉」「保育」の各分野で、即戦力を養う実習授業を数多く開講します。大学内外の実習を履修することで、いくつかの免許・資格を並行して取得もできます。実習における教員のきめ細かなフォローやサポート体制も整っています。他にも調理実習室、家庭科演習室、フードサイエンスLabなどがあります。
03/ 取得可能な資格が充実。就職に有利。
生活デザイン、社会福祉の各領域で実践力を養える演習を展開しています。 身近な生活現場で起きている課題を想定し、観察やインタビューを通して問題意識を高め、望ましいあり方を考えます。
04/ 食文化や福祉を海外で学ぶチャンス![生活福祉文化海外研修]
フランスのパリやノルマンディー地方の農家、酪農牧場を視察。食の生産や流通の現場、食生活のあり方などを現地で見学し、日仏独の食料事情の違いを考察します。“生きた”研修で、食に関する理解と知識を広げます。
05/ 体験型授業が充実。
[ライフデザイン領域]
京都ならではの食材や資源を活かした実習をおこない、生活学を実践的に学びます。
[ソーシャルワーク領域]
各社会福祉施設と連携し社会福祉援助技術の現場実習をおこない、ソーシャルワークや、介護技術などを学びます。
06/ たくさんの先輩が保育士に!保育士就職決定率は100%
保育士養成課程において、1期生から3期生(2013年3月卒業生)の中で保育現場への就職を希望した学生は、100%の就職決定率を誇っています。難関の京都市の公立保育園へも採用されています。
07/ 演習を通して生活・福祉現場の課題を見つめ、解決方法を考察。
生活デザイン、社会福祉の各領域で実践力を養える演習を展開しています。身近な生活現場で起きている課題を想定し、観察やインタビューを通して問題意識を高め、望ましいあり方を考えます。
08/ 必要な知識と技術、資質を養い、家庭科教諭などの免許を習得できる。
必要な単位を修得して家庭科教諭の免許(中・高一種)やフードスペシャリスト受験資格を取得できます。生活の自立や衣・食・住に関する学びを通して、理論、実践ともに優れた能力と資質を備えた家庭科教員を養成します。
取得可能な免許・資格
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(家庭)
  • 保育士資格
  • 健康管理士 一般指導員受験資格
  • 社会福祉士受験資格
  • フードスペシャリスト受験資格
  • インテリアプランナー登録資格
  • 精神保健福祉士受験資格
  • 幼稚園教諭一種免許状 など
    (近大姫路大学通信教育課程の併修 などによる)
将来めざせる進路
  • 教員
  • 生活関連サービス業
  • 医療施設職員
  • 公務員
  • 保育士
  • 社会福祉協議会職員
  • 衣食住に関わる製造・卸売・小売
  • 福祉施設
  • 大学院進学 など